• FX会社によって違うスワップポイント

    FXはドル円、ユーロ円など通貨ペアで取引します。それぞれの国の通貨は経済状況や消費者物価の違いにより、金利が異なります。
    通貨ペアで取引することは通貨間に金利差が生じます。

    FXに関する問題解決をサポートいたします。

    この金利差をスワップポイントといって、日数単位でスワップポイントを受けることができます。

    金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、金利差はプラスとなるため、スワップポイントで利益になりますが、逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買えば、金利差はマイナスになるため、スワップポントで損失が出ます。各国の金融政策は年に何度も議論されるため、利上げや利下げを行えば、スワップポイントも変わります。



    金利の変動によっては、金利差がプラスであったのが、マイナスになり、スワップポイントで利益になっていたのが、損失に変わることもあります。高金利通貨はスワップポイントによる利益が高いことをアピールするFX会社がありますが、高金利通貨の中には相場の動きが読みにくく、乱高下する通貨もあるので、スワップポイントが高くても、為替差損が大きくなるリスクを考えたうえで、取引するように心がけなければいけません。

    期待できるYOMIURI ONLINEのマニアックな情報をお届けします。

    また、FX会社によって、スワップポイントが大きく違います。


    各国の金利状況に適したスワップポイントを設定するのもあれば、通貨ペアのスワップポイントの利益と損失を同じに設定するところもあります。

    前者のFX会社はスワップポイントによる利益を目的とした長期保有の投資家に適しています。


    後者のFX会社は短期的な相場の変動による為替差益による利益を出す投資家に適しています。