• FX投資家に人気のオーストラリアドルの特徴

    高金利通貨として知られているオーストラリアドルは、FX投資家に人気の通貨です。


    メジャー通貨の一つですが、ドル、ユーロ、円、ボンドなどのメジャー通貨に比べると取引高は少なく、スイスフランやカナダドルと同程度の取引量となっています。
    豪ドルの特徴は資源国通貨であり、コモディティー通貨と呼ばれることがまず挙げられます。農産物や鉱物資源、エネルギー資源などを指すのがコモディティーで、鉱山資源やエネルギー支援の占める割合が大きいオーストラリアだけにそう呼ばれます。

    日本経済新聞情報サイトについて考えます。

    そのためコモディティー価格の動向に影響されるのでFX(為替取引)をする場合においては注意が必要です。
    そして何より高金利通貨として、主要先進国の中では相対的に高い位置を維持しています。米国がさらなる利上げに慎重になっていることは、オーストラリアの高金利通貨としてスワップポイント(金利差調整分)を得られる機会を増やします。



    FX投資家の中ではスワップ金利を得ることを目的として、オーストラリアドルなど高金利通貨に投資している人も多いです。
    為替として他国との関係では、隣国であるニュージーランドドル(NZ)と強い相関性を持っています。


    これは経済規模で見るとNZが連動していると言えます。



    他ではユーロとも連動することも多いのですが、特に旧英国領だっただけに英国のポンドの影響は大きいです。

    また、経済面で中国との結びつきが強く、中国の指標の結果によっては急落することも多いので注意が必要です。